×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年08月10日(月)   水無より群生地往復


ピークは過ぎましたが、まだ咲いてます。



8月に入って遠征で留守をしていて10日ぶりの観察になる。
梅雨は明けたが天気は不安定。
今日も朝から曇っていて何時崩れるか分からない様子。
水無の駐車場付近でもガスに覆われていました。







今年は冷夏だろうか?
もうすぐお盆だと言うのに例年ほど暑さはない。
本来ならこの時季、うるさい「あぶ」もまだ見ていない。






オオキツネノカミソリのピークは既に過ぎていて
前回、登山道沿いにいっぱい咲いていたものも
今は色褪せたり枯れたり‥







「アンの滝」への分岐を過ぎ、やや傾斜の道を上がって行くと
水無で一番大きな群落地が現れるが
ピークは過ぎていました。











満開は過ぎて見応えはやや落ちていましたが、
それでも奥の方、斜面などはまだまだ咲いていて楽しめました。










「今年は色が薄いね〜」と、いろんな方からそんな言葉を聞きました。
確かに今年は何時もより色が薄い!
雨が多くて日照不足の影響だろうか?。







でも、今年もたくさんの花を咲かせてくれました。
たくさんの人が水無に登られました。
年々奥の方まで増えてきているオオキツネノカミソリ。
また来年!楽しみです!







パラパラと雨が落ちてきたので今日も群落地までで下りることにした。
登山道沿いにはオオキツネノカミソリの他にもハグロソウがたくさん咲いていました。







カラスウリの花も元気いっぱい!




他にも












水無鍾乳洞の入口は自然の冷蔵庫のように冷たい風が出ている。
ちょういと涼みに行ってみると‥
アキチョウジが咲いていた!
この辺は涼しいせいだろうか?
それとも今年はもう、夏を過ぎて早くも秋に来るのかな〜




コヨーテの山歩き(トップページ)    井原山オオキツネノカミソリ観察日記(トップページ)